震災と語り

Front Cover
石井正己
三弥井書店, 2012 - Disasters - 183 pages
語りあい、聞きあう空間に感動が生まれ、心が奮い立つ。震災と津波から何を学び何を見つめ人々はどのように歩みすすむのか。震災を体験した語り手・民俗学者の真の声から、言葉の文化、語り継がれる伝承文化の重要性を再考する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information