パンと競技場: ギリシア・ローマ時代の政治と都市の社会学的歴史

Front Cover
法政大学出版局, 1998 - 1030 pages
古代ギリシア・ローマにおいて、皇帝をはじめ有力者らが、市民や都市に無償でパンを配給し競技会や演劇を提供し記念建造物を寄贈した、という『恵与』の事実を中心に、政治体制の特色、政治家の条件と精神構造、市民の反応などを人文科学の方法論を駆使して「語る」膨大な古代歴史絵図。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information