国家と人間と公共性

Front Cover
佐々木毅, 金泰昌
東京大学出版会, 2002 - Civil society - 294 pages
国家との関係における人間の位相は歴史的大転換を経てきた。とりわけ「20世紀国家」は、民族性同一原則、総動員体制、イデオロギー政治・全体主義体制などの点で特異な相貌を示した。この世界認識のもと、国家と人間の関係を公共性という角度から改めて問い直す。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information