裸の建築家: タウンアーキテクト論序説

Front Cover
建築資料研究社, 2000 - Architects - 237 pages
果たして現在の日本に建築家が存在するのか。残念ながら「裸の建築家」を認めるところから出発せざるを得ない。新しい職能であるタウンアーキテクトとして、一般大衆と建築家の深い溝を埋めなければ、今後建築家としての存在意義を失うことになるだろう。「建築家」はその根拠を「地域」との関係に求め、「裸の建築家」から「町の建築家」への変革を迫られている。迷走する建築家の生き残る道を指す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information