ユリイカ

Front Cover
岩波書店, 2008 - 222 pages
「散文詩」と銘打たれたポオ(1809‐1849)最晩年の詩的宇宙論。物理的精神的両面から宇宙を論じて、その本質、その起原、その創造、その現状、その宿命を壮大に謳う。宇宙は「引力」と「斥力」の働きで変化し続け、創造と破壊の過程が永遠に繰り返される―ポオはこのプロセスを「神の心臓の鼓動」と詩的に表現した。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information