はじめて学ぶドイツ文学史

Front Cover
柴田翔
ミネルヴァ書房, 2003 - 327 pages
若手研究者たちが簡潔に描き出すドイツの歴史と文学の流れ。古い伝統の魅力が現在の視線の中に、あざやかに浮かび上がる。時代思潮やジャンル別概説、時代を映すコラム、そして原文に訳と注をつけた代表的作品の抜粋。いわば小さなアンソロジーでもある本書は、初学者をはじめ研究を志す人、さらに一般読書人まで、誰にも興味深く読める1冊です。大学での講義用テキストとしても最適。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information