目撃証言

Front Cover
ある女性が強姦のうえ殺害され、その二人の子供も殺された。一人の容疑者が逮捕されたが物的証拠はない。それでも「この人に間違いありません」の一言で死刑が宣告された。しかし、目撃者の証言に誤りはないのか。記憶はそれほど確かなものなのか。記憶研究の第一人者が、数々の事件を追いながら、目撃証言の危うさ、記憶の不確かさをスリリングに描く心理学的ノンフィクション。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information