野望の埋火下: 居眠り同心影御用 25, Volume 2

Front Cover
二見書房, 2017 - 282 pages
0 Reviews
玄蕃。父の仇、松平定信に煮え湯を飲ませ、屈辱にまみれさせ死に追いやれ―。将軍家斉の実父=一橋大納言治済は、先代将軍家治の世に権勢を誇った老中田沼意次の四男、田沼玄蕃頭意正に命じた。北町奉行所の元筆頭同心で今は居眠り番の蔵間源之助に新たな影御用が舞い込んだ。蝦夷を巡る抜け荷の探索であった。どうやら治済と田沼が絡んでいるらしい。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information