“空洞”に生きる子どもたち消えゆく子どもと大人の境界

Front Cover
連続シンポジウム『コドモ?』編集委員会
赤ちゃんとママ社, 2000 - Children - 203 pages
20世紀後半、物質文明の急速な進展と、それに伴う社会全般にわたる変容に日本人の生活は多くの矛盾を抱えることになった。その中にあって子育てに多くのゆがみが生じ、今、成人に達するあらゆる年齢層で問題が突出している。本シンポジウムは現代風潮の影響下で、子ども世界がどのように変容させられたかを具体的事象から読み取り、子どもが大人社会に影響されることなく、子どもとしての権利を実現できるようにするためのきっかけをつくり出すことを目的とし、全8テーマで構成した。本巻では、現代社会が発する『情報』をキー・ワードに、これからの子育てを示唆する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information