人は海辺で進化した: 人類進化の新理論

Front Cover
どうぶつ社, Mar 26, 1998 - 199 pages
本書は、アリスター・ハーディによって提唱された「アクア説(水生類人猿説)」を、従来の「サバンナ説」「ネオテニー説」と対比して論じ、理論の統合を試みた、斬新な人類進化論である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information