現代宗教とスピリチュアリティ

Front Cover
弘文堂, 2012 - Religion - 148 pages
仏教やキリスト教、イスラームといった救済宗教が、影響力を失いつつある。社会が個人化するなか、宗教もまた私事化が進む一方で、精神世界への関心が高まっている。3.11後の日本社会で、変容する現代宗教はどこへ向かおうとしているのか。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information