デューラー ネーデルラント旅日記

Front Cover
岩波書店, Oct 16, 2007 - 248 pages
1520年夏、五十歳の画家は途切れた年金の支給を新皇帝カルロス五世に請願すべく、妻と侍女を伴い遠くネーデルラント(今のベルギー地方)への長旅に出る。その時綿密に付けた出納簿である本日記にはエラスムスやルッターも登場し、併せて残された見事な画業とも相まって稀有の旅行記になっている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information