線形離散時間システム入門

Front Cover
森北出版, 2008 - 257 pages
マイクロプロセッサやディジタル信号処理プロセッサなどのディジタル回路の解析・設計には離散時間信号が使用される。そのため離散時間信号と離散時間システムを学ぶことは、理工系の情報通信、計測制御、信号処理などに関連する電気・電子・情報系の広い分野で必須となっている。本書は、離散時間信号と離散時間システムの基礎を学ぶための教科書である。特定分野に特化することなく、電気・電子・情報系において重要となる基本的な内容を記述している。また各章末にはScilabとMATLABを用いたプログラミング演習を用意し、付録にはScilabの使用法を簡潔にまとめた。これらの演習によって、基礎理論に対する理解がいっそう深まるように工夫されている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information