暴力はどこからきたか: 人間性の起源を探る

Front Cover
日本放送出版協会, 2007 - Aggression - 244 pages
私たち人類は、争いの火種もその解消の術も、霊長類として進化する中で獲得してきた。六五〇〇万年前にこの地上に登場した霊長類。彼らは“食”と“性”をめぐる争いを、それぞれの社会性をもって回避してきたのだ。それを受け継ぐ人類は、家族という独自の社会を得るに至る。屋久島のニホンザルやコンゴ民主共和国のゴリラをはじめ、世界中の霊長類の姿を最新の研究成果から明らかにし、人類の社会性の起源に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information