コリオレイナス: シェイクスピア全集 14

Front Cover
筑摩書房, 2007 - 292 pages
ローマの隣国ヴォルサイとの戦いで都コリオライを陥落させた将軍ケイアス・マーシアスは、コリオレイナスの名を与えられるが、市民の反感を買ってローマから追放される。行方知れずになった誇り高き英雄は、宿敵オーフィディアスと手を結び、祖国ローマを攻め落とそうとする。この企てを知った母ヴォラムニアと妻ヴァージリアは嘆き悲しみ―。シェイクスピア最後の悲劇。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information