演劇のエクリチュール: 1955‐1957

Front Cover
みすず書房, May 10, 2005 - 279 pages
ブレヒトのパリ初演と運命的に出会ったバルトはいっそう熱心に演劇批評に力をそそぐ。サルトル戯曲の擁護、カミュとの論争、そしてソシュール言語学の発見。緊張と期待にみちた時代の批評集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information