鄙の記憶

Front Cover
読売新聞社, Apr 5, 1998 - 341 pages
静岡県の寸又峡で男が二人あいついで殺された。被害者のテレビ記者が残した言葉は「面白い人」。手がかりを追って秋田へ消えた老記者の行方は?恐るべき連続殺人事件を前に浅見の推理が冴える。

What people are saying - Write a review

Review: 鄙の記憶 (幻冬舎文庫)

User Review  - gonn3 - Booklog

200408 Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information