自由論

Front Cover
岩波書店, Apr 4, 2003 - Liberty - 288 pages
イギリスの思想家ジョン・スチュアート・ミル(1806‐73)の代表的著作。言論の自由をはじめ、社会生活における個人の自由について論じ、個人の自由の不可侵性を明らかにする。政府干渉の増大に対する警告など今日なお示唆を与えられるところ多く、本書をおいて自由主義を語ることはできないといわれる不朽の古典。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information