江戸百夢: 近世図像学の楽しみ

Front Cover
筑摩書房, 2010 - Art, Japanese - 173 pages
何があってもおかしくない「江戸」時代。何が起こっても不思議でない都市「江戸」。それは、アムステルダムも蘇州もソウルも含みこむ場所であり、彫刻、絵画から手拭いまで、百のお多福、蝶、馬が駆け巡り、ベルニーニのエクスタシーもフェルメールの新興市民も全てをるつぼのように内在させていた。それら図像を縦横無尽に読み解く快著。芸術選奨文科大臣賞、サントリー学芸賞受賞。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information