はじめての言語ゲーム

Front Cover
講談社, 2009 - 269 pages
世界のあらゆるふるまいを説明しつくそうとしたヴィトゲンシュタインの言語ゲーム論は、いかに生まれ、どんな思想なのか?きわめて平易で刺激的な哲学入門。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information