昭和史をさぐる

Front Cover
吉川弘文館, 2014 - Japan - 272 pages
史料公開が進み、研究が盛んになった昭和史。政党政治の展開から満州事変、五・一五事件、二・二六事件、日中戦争、日米開戦、敗戦への道まで、昭和史の重要な転換点を一次史料で読み解き、事件の推移を解明する名講義。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information