虫たちの化学戦略: 盗む・欺く・殺す

Front Cover
青土社, 2002 - 336 pages
相手を出し抜き、盗み取り、果ては殺すハチ、アリ、ハエ、チョウ...。そのサバイバルを賭けたドラマの影の主役が、虫の行動を決定づける様々なフェロモンなどの化学物質。自然界の複雑なメカニズムを、化学物質を駆使する虫たちの驚異の生態から見る刮目の自然誌。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information