維新政府の密偵たち: 御庭番と警察のあいだ

Front Cover
吉川弘文館, 2013 - Espionage - 250 pages
明治新政府は、社会の不平・不満を把握するため密偵・諜者を全国に派遣した。彼らはどう情報収集し、何を報告したのか。膨大な資料を博捜し、江戸時代の忍者・隠密と近代警察組織との間に位置する密偵たちの真相を解明。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information