さとやま: 生物多様性と生態系模様

Front Cover
岩波書店, 2011 - 192 pages
かつては身近だった草花や昆虫たちが、いま絶滅しようとしています。彼らのすみかだった「さとやま」とは、ヒトの節度ある自然の利用や管理によってつくられた、水田やため池、茅場や雑木林などがパッチワークのような模様を生む、変化に富んだ半自然です。衰退の危機にあるさとやまの歴史や価値をさまざまな角度から描き、再生の道を考えます。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information