森の自然史: 複雑系の生態学

Front Cover
菊沢喜八郎, 甲山隆司
北海道大学図書刊行会, 2000 - Forest conservation - 236 pages
本書の第1部と第2部では、いったん定着したら動けない樹木たちが、昆虫や動物たちとの相互作用をとおしていかに繁殖や定着を成功させているか、また、時空間的な環境変化に、どのように対応した振る舞いを示しているか、さまざまな森と樹種について紹介している。第3部では、共存のしくみの手がかりを、さまざまな森で探り、第4部では、樹木と捕食動物をめぐる関係や土壌や河川における過程をとおして、生態系としての森の機能を解明した。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information