開放マクロ経済学と日本経済: 開放経済下における経済政策の効果

Front Cover
成文堂, 2003 - Japan - 376 pages
本書の主たる目的は、第1に、開放経済下におけるマクロ経済モデルにもとづき、経済政策の効果ならびにその有効性を体系的に考察すること、第2に、それらを応用して、開放経済という視点からとらえた日本経済に対して、経済問題の解決策や政策的な課題を提示することにある。なお、本書では、分析のスタイルとして、主にケインジアン的な開放マクロ経済モデルに立脚し、不完全雇用を前提とした枠組みの中で、経済政策がいかなる効果を発揮するか、を検討していく。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information