革命的群衆

Front Cover
岩波書店, Oct 16, 2007 - 120 pages
烏合の衆はいかにして、歴史を動かす群衆に変貌するのか?革命を起こす心性はいかに作られるのか?歴史学が初めて正面から「群衆」に向き合い、「心性の歴史」を開拓した古典的著作。個と集合の相互作用を通じて日常の場で形成される「集合心性」に着目し、危機に面してのその変容・伝播を説き明かす議論は、ダイナミックで今なお新鮮な響きを持つ。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information