暗夜行路, Volume 1

Front Cover
岩波書店, 2004 - 296 pages
祖父と母との不義の子として生まれた宿命に苦悩する人主公時任謙作は、単身、尾道に向い、千光寺の中腹の家を借り、一人住いを始める。しかし、瀬戸内海の穏やかな風光も、彼の心に平安をもたらさない。長年月を費してなった志賀直哉唯一の長篇。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information