The Corporate Accounting in Japan

Front Cover
Chūō Keizaisha, Sep 25, 1998 - Corporations - 196 pages
この本のなかで、著者は、世界に誇れる日本の会社経理の良い点をのべます。が、それだからといって日本の経理がこのままで良いと考えているわけではありません。いま、私たち日本人は、国際会社基準を真摯に学び、そして、この日本の会社経理の良い点を活かしつつ、国際社会に受け入れてもらえる新しい日本の会社経理を作り上げていくことが必要だと考えています。本書は、英文で“日本の会社経理”のあり方を著わしたもので、読者の方々の理解をさらに深めるために、基礎的で重要な用語について、日本語での解説を付しました。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information