日本はなぜ諍いの多い国になったのか: 「マナー神経症」の時代

Front Cover
中央公論新社, 2005 - Courtesy - 235 pages
電車内の暴力、ケータイ利用のトラブル...マナー悪化を憂える声は多いが、今ほどマナーを気遣い、監視の目が厳しい時もない。若者の人間関係を解読し、「マナー神経症」の処方箋を探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information