ベッドサイド泌尿器科学診断・治療編〔改訂第3版〕

Front Cover
吉田修
南江堂, 1999 - Urinary organs - 754 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
21世紀を目前にした今日、今世紀100年を総括する文章をよく目にするが、等しく述べられているのは科学技術の進歩である。医学・医療におけるこの100年間の進歩もまことに目覚ましいものがあった。一方20世紀の末になり、パラダイムの転換が多くの学問領域で見られるようになった。医学・医療においても、医療の評価が生存率からQOLへと視点が変わったことも一例であるといえよう。泌尿器科における医学・医療もいま述べた理念と動向の中で、専門分野を担当し、前進発展させていくべきである。本書は1986年に初版を発刊し、改訂第2版は、1991年に出版したが、今回の改訂第3版を出すまでに15年近く経過した。時代にマッチした知見を網羅した本格的成書を目指し21世紀に向けて、さらなる前進を志向していきたい。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information