社会学の根本問題: (個人と社会)

Front Cover
世界思想社, 2004 - 251 pages
G.ジンメルが現代分化社会における「社会学の根本問題」である「社会と個人」の研究を簡潔に総括した晩年の著作で、社会学の最も重要な古典の一つ。関連論文として「コケットリー」と「食事の社会学」を併載。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information