摂食障害の「解決」に向かって: ソリューション・フォーカスト・ブリーフセラピーによる治療の実際

Front Cover
金剛出版, 1999 - 258 pages
摂食障害者には緊密な治療関係と長い期間にわたる治療が必要であると信じられてきたが、ブリーフセラピーは何よりもクライエントのもっている強さと柔軟性に徹底して焦点をあてることにより、治療を短期かつ効果的に行うことを可能にする。本書は、摂食障害者の治療にあたっている臨床家が困難な状況の中で必要とされる治療技術を高め、臨床現場ですぐに使えるセラピストとしての腕を磨くために有用な資源となるだろう。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information