脳科学のテーブル

Front Cover
外山敬介, 甘利俊一, 篠本滋
京都大学学術出版会, 2008 - Artificial intelligence - 199 pages
人間はどこまで「脳」の謎に迫れるのか?世界の研究をリードした重鎮と第一線の研究者が、未知の世界へ踏み込んだ先人たちの業績を振り返り、研究史を切り開いた諸概念と近未来のテーマを闊達に語る。最先端の巨大科学となった研究も、人の営みの積み重ねによって展開していく。科学と科学者のあり方を、研究者自身の体験から生き生きと描き出すことで、過去から現在、未来へと見渡す脳研究の鳥瞰図。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information