受験脳の作り方: 脳科学で考える効率的学習法

Front Cover
新潮社, Dec 1, 2011 - 264 pages
「海馬」は記憶を司る部位。だが、脳は蓄えるよりも忘れていくほうが多いのだ。試験前に徹夜で詰め込んだ記憶は、呆気なく消えていく。しかし、興味があるものはすぐに覚えられるし、バイオリズムのタイミングをつかめば、記憶効率は上がる。―海馬、扁桃体、LTP等々、脳の働きを正しく理解して、恐れず受験に挑む!気鋭の脳研究者が考える学習法。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information