奇想の発見: ある美術史家の回想

Front Cover
新潮社, Jun 30, 2014 - Art historians - 254 pages
ギロリと眼を剥く曾我簫白の雲龍図、岩佐又兵衛の血みどろ絵巻、そして大ブームを巻き起こした伊藤若冲の白い象―。花鳥風月を優雅に愛でる日本美術史の片隅で、すっかりキワモノ扱いされていた「奇特な」画家たちを発掘し、ニッポンの美に禍々しき愉楽を与えた立役者。その自由な精神を育んだ生涯を綴る、初めての自伝。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information