死生観

Front Cover
日本死の臨床研究会
人間と歴史社, 2003 - Life and death, Power over - 461 pages
患者中心の医療を志向するなかで、自らの生命を守る人権、生命権といった「生命倫理」からの視点が加わり、患者の権利とバイオエシックス、患者の自己決定など「死生観」にも大きな影響を与える。生と死を考える市民運動が盛んになるのもこの頃からである。東洋と西洋の死生観、日本人の成仏観、あなたとわたしの死生観ほか、136の事例を収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information