世襲格差社会: 機会は不平等なのか

Front Cover
中央公論新社, 2016 - Social classes - 211 pages
格差の拡大が国際的な話題になって久しい。トマ・ピケティなどが指摘するように、格差は親の世代から子の世代へと受け継がれるようになっている。本書は、日本における世襲と格差の関係を分析し、そのメカニズムを明らかにする。世襲される職業とされない職業の違い、同族企業の位置づけ、世襲の功罪など多様なテーマに挑む。そして、世代交代が進む社会で、職業を継ぐことの意味や機会の平等とは何かを問い直す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information