シリーズ遊廓社会, Volume 2

Front Cover
佐賀朝, 吉田伸之
吉川弘文館, Jan 20, 2014 - Prostitution - 321 pages
幕末の開港や明治五年の芸娼妓解放令をうけて、遊廓はどのように変化したのか。遊女や遊女屋の身分的・社会的なあり方に注目して明らかにする。居留地・軍都・温泉場・植民地など、多様な地域につくられた遊廓を具体的に描き出し、遊廓社会の固有性と普遍性を考察する。また、日本の公娼制度の歴史的な特質を、国際関係の視点から検討する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information