テクストとコンテクスト

Front Cover
晃洋書房, May 30, 2006 - 232 pages
『コミュニケーション行為の理論』から『事実性と妥当性』への思想の深化と並行して行われた、ドイツの思想的モデルネ―ジンメル、ハイデガー―との格闘、そして訣別の軌跡。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information