デカルト=エリザベト往復書簡

Front Cover
講談社, Nov 10, 2001 - 339 pages
近代哲学の祖デカルトと、王家没落の悲運を背負ったボヘミア王女エリザベトとの間に交わされた書簡六十通。心身問題、健康管理、道徳や世界観、国家社会観、情念等、悩める若き王女の真摯な問いに、デカルトが自らの信条を率直に吐露する。そこには、公刊された著作にはない数々の主題をめぐる具体的・現実的な諸問題の展開が見られる。人間デカルトの生の声を伝える貴重な資料。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information