機密保持と化学: 紀元前から現代まで

Front Cover
裳華房, 2000 - 93 pages
本書は、以前に東京大学教養学部の文科生対象に行った「物質化学」の講義で利用したプリントの中からいくつかを選び、それをもとに拡大増補したものです。ふさわしい文学作品や歴史文書などを導入部にすえて、以後の話を展開するようにしてあります。「機密保持」と「化学」は一見あまり関係したところがないようにも思えるのですが、「化学情報」そのものの「機密を守る」ことと、「機械情報」を保護する化学的な手法の両方を、多少とも欲張って含めたつもりです。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information