行動の構造

Front Cover
みすず書房, Feb 8, 2002 - Behaviorism (Psychology) - 369 pages
著者は、本書において、現在の心理学・精神医学・生理学・生物学の理論的成果とそのデータの詳細を把握しようとする。一般的に受け容れられている行動に関する概念は多く不満足なものであり、パヴロフ、ワトソンらの行動理論の哲学的前提を暴露し、現実に人間の行動をどう理解すべきかの問いに答える。もちろん著者の立場は、フッサール現象学、ハイデガー、ヘーゲル、サルトルらの思想をうけており、その正統的な展開をなすものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information