キルプの軍団

Front Cover
岩波書店, 2018 - 400 pages
高校生の「僕」は、刑事の叔父さんとディケンズの小説『骨董屋』を原文で読み進めていくうちに、まるでそのストーリーが反映するかのように、とてつもない事件に巻きこまれてしまう。―人間の悪とは、罪とは何か。そしてそれをのり越える「ゆるし」「癒し」とは何か。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information