通俗民権論通俗国権論, Volume 7

Front Cover
慶應義塾大学出版会, 2003 - Education - 300 pages
西南戦争を中心とする士族の反乱、自由民権運動、国会開設運動、条約改正問題など、噴出する様々な政治的課題を、「官」にのみ依存するのではなく、「一身独立」した「民」の力を高め、その調和によって解決していこうと説いた、福沢諭吉の政治論集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information