零の発見: 数学の生い立ち

Front Cover
岩波書店, 1979 - Mathematics - 181 pages
インドにおけるゼロの発見は、人類文化史上に巨大な一歩をしるしたものといえる。その事実および背景から説き起こし、エジプト、ギリシァ、ローマなどにおける数を書き表わすためのさまざまな工夫、ソロバンや計算尺の意義にもふれながら、数字と計算法の発達の跡をきわめて平明に語った、数の世界への楽しい道案内書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information