反=近代文学史

Front Cover
文藝春秋, Sep 30, 2002 - Japanese literature - 309 pages
漱石の『こころ』は日本近代文学の最高到達点か?否。こころ=人間の内面の貧しさをあらわにする痛ましい記念碑にほかならない。その一方、人間の内面などという狭小な世界には目もくれず独自の文学宇宙を創りだした作家たちがいる。泉鏡花、江戸川乱歩、三島由紀夫、山田風太郎、村上龍...脈々と受け継がれる「本物」の系譜。近代文学に読み直しを迫り、明快な論旨と大胆な展開で読むものを圧倒する骨太文芸評論。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information