ブルンディバール

Front Cover
徳間書店, 2009 - 56 pages
ある朝,お母さんが病気になりました。ペピチェクとアニンカの兄妹は、お医者さんにいわれて、お母さんにあげるミルクを買いに、町へ走っていきました。ふたりはミルクを買うお金をかせごうとして、広場で歌をうたいます。けれども、手まわしオルガンを鳴らしながらこわい歌をうたっていたブルンディバールに、追いはらわれてしまい...?20世紀以降を代表する絵本作家のひとり、モーリス・センダックが、チェコのオペラ『ブルンディバール』にもとづいて描いた、読みごたえたっぷりの絵本。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information