倫敦花幻譚, Volume 3

Front Cover
新書館, 2020 - 274 pages
十九世紀半ば、大英帝国ヴィクトリア朝。王立園芸協会とウィリアムのために中国奥地へと赴いたネイサンは、首尾よく新種の黄薔薇を入手した。採取した植物を香港から送ったものの、ある事情から帰国を遅らせるネイサンをウィリアムはロンドンでやきもきち待つ。一方ハーヴィーと共にパリにいたレベックは、その地で小さなトラブルに巻き込まれていた。それが薔薇を巡るいくつかの事件への発端となり...?比類なき公爵家のプラントハンターと奇蹟の花々をめぐる物語、第三弾!!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information