希望と勇気、この一つのもの: 私のたどった戦後

Front Cover
岩波書店, 2008 - 63 pages
軍隊は市民を守らない、国は民を棄てる...叩きこまれた教訓。そして、「NO」を言えない社会がきたら、ふたたび何が起きるのか。いま、一人でも言挙げすること、一人でも立ちあがることの尊さを伝える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information